プライバシー侵害の被害に遭わない為に|盗撮発見するポイント

男の人
  1. ホーム
  2. 居場所を特定できる機械

居場所を特定できる機械

スマホ

カーナビやスマホで使用

gpsは人工衛星と発信器の間で電波を往復させることで発信機の位置を測定するという仕組みになっています。gpsを効果的に使っているのがカーナビで、画面に車がどの道を走っているのかリアルタイムに表示されるのはgpsが組み込まれているためです。また、スマートフォンにもgpsが搭載されている機種が多く、いろいろな使い方ができます。たとえば、老人にgps端末を持ってもらうことで、散歩などに出かけたときにどこにいるのか特定するという用途があります。同様に小学生に格安SIMを差し込んだスマホを持たせて、登下校の経路をパソコンで見たり、塾など習い事を行う場所にきちんと到着したかを確認するといった使い方もあります。国内のどこにいても、発信機からgpsの電波が出ていれば端末がある場所を特定できるのは大きな魅力といえるでしょう。

行方不明者や盗難品を探す

では、gpsを利用する目的としてはどういったものが挙げられるでしょうか。まず、人が万が一、行方不明になってしまった場合、できるだけ短時間で居場所を特定するためというものが挙げられます。外に出たものの、家に帰れなくなってしまう徘徊老人が問題になっていますが、冬場に行方不明になってしまうと命に関わる危険性が出てきます。gpsの発信機を持たせれば、すぐに見つけることができるので大事になることを防げます。また、盗難されやすいものに発信機を取りつけることで、実際に盗まれてしまった場合にどこに運び込まれたのかを特定するためという目的でも利用することができます。たとえば、高価なロードバイクに取りつけている人は珍しくありません。